【ニュース振り返り】新型コロナ対策のかかり増し経費を国が助成。厚労省、介護事業者向け実施要項を発出―2020年6月後半のニュース3選

ココメディカマガジン編集部が気になる医療・介護業界のニュースをピックアップする「ニュース振り返り」。6月後半のニュースは、新型コロナ対策に対する介護事業者向けの支援事業の詳細が示されたほか、厚労省が公開した介護事業者向けの動画「そうだったのか!感染対策」の特養向けの新作も公開されました!それでは早速振り返りましょう!

新型コロナ対策にかかる介護事業者のかかり増し経費を助成-厚労省、実施要項を発出(6/19

厚労省は19日、第二次補正予算で計上された、新型コロナウイルス感染症の介護部門の支援交付金について、支援事業の実施要綱を発出しました。
介護職員への慰労金給付のほか、介護事業者への支援策として、新型コロナウイルスの感染対策によって負担した、かかり増し経費を助成する方針を示しています。
また、在宅サービス事業者の感染予防環境の整備にかかる費用などについても、本支援事業の一環として対応するとのことが明らかになりました。
財源は全て国が負担し、都道府県が実施主体となります。

 

今回の支援事業は、次の4事業で構成されています。

1 介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業

感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業【事業者支援】

都道府県における衛生用品の備蓄等支援事業【都道府県支援】

2 介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業

3 介護サービス再開に向けた支援事業

在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成事業【事業者支援】

在宅サービス事業所における環境整備への助成事業【事業者支援】

4 都道府県の事務費支援事業

 

このうち、かかり増し経費の支援は、(1 感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業に含まれます。
支援の対象となるのは、訪問系、通所系など全ての介護サービス事業者と介護施設で、感染者の有無にかかわらず支援を受けることができます。

また、助成対象となるのは衛生用品などの物品購入にかかる費用だけでなく、研修費、感染防止のために人員を増員した際の人件費、施設改修費、タブレットなどICT機器の購入費など、幅広くカバーされています。
助成額については、事業者ごとに基準額が定められており(入所施設・居住系については、定員ごとに設定)、基準額と実際にかかった経費とを比較して少ない方が支給される形となります。

基準額の一例をご紹介すると、通所介護事業者(通常規模型)は1事業者あたり89.2万円、訪問介護事業者は1事業者あたり53.4万円、介護老人福祉施設は定員1人あたり3.8万円となります。

もう一つご紹介したいのが、3)介護サービス再開に向けた支援事業です。
在宅介護サービスの利用再開に向けた取り組みに対する支援で、サービスの利用を休止している利用者に対して、健康状態や生活ぶり、希望するサービスの確認を行った上でサービス調整を行った場合((
3)①)と、事業者が「3つの密」を避けてサービス提供を行うために環境整備を行った場合の物品購入費((3)②)の2種があります。

①については、利用者ごとに基準額が定められており、1利用者につき1回助成を受けることができます。
また、②については、先にご紹介した
() ①のかかり増し経費に上乗せすることができ、1事業者あたり20万円の助成が受けられることとなります。

厚生労働省:「介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業」についてhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00144.html

新型コロナ、唾液での抗原検査試薬が承認。25日から保険適用(6/25

厚生労働省は、619日、新型コロナウイルスの抗原を唾液で測定する試薬「ルミパルス SARS-CoV-2 Ag」(製造販売元:富士レビオ株式会社)を承認し、25日から保険適用されることを明らかにしました。
なお、厚労省は
2日、PCR検査の検体についても、発症から9日以内であれば唾液を用いることが可能である旨を提示しています。

抗原検査は、PCR検査と比較して短時間で検査結果が出ることや、特別な検査機器や試薬を必要としないこと、検体を搬送する必要がないことなどのメリットがあり、513日に富士レビオ株式会社の簡易検査キット「エスプラインSARS-CoV-2」が、日本初の抗原検査キットとして承認されました。
こちらの簡易検査キットで検査を行う場合、検体として鼻咽頭ぬぐい液を採取する必要があります。

鼻咽頭ぬぐい液を採取する際には、鼻の奥に綿棒を入れるため、採取時に患者がくしゃみや咳をしてしまうことがあり、飛沫によって医療従事者が新型コロナウイルスに感染してしまう危険性が指摘されていました。
これに代わり唾液を検査に用いることで、医療従事者の感染リスク、検体採取時の患者の負担を減らすことができるようになります。

今回承認された「ルミパルス SARS-CoV-2 Ag」は、鼻咽頭ぬぐい液と唾液の両方を検体とすることが可能で、検査時間も30分以内と短時間であることが特徴です。
簡易検査キットとは異なり、同社の全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルス 
G1200」、「ルミパルス G600Ⅱ」を使用する必要がありますが、「ルミパルス G1200」を用いる場合、1時間当たり120検体の処理が可能であり、検査の効率化も期待できるとのことです。 

みらかホールディングス株式会社:2020619日付プレスリリース「全自動検査機器における新型コロナウイルス抗原検査試薬製造販売承認の取得について」
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4544/tdnet/1850470/00.pdf

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症に関する検査について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html

厚生労働省:2020625日付事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その18)」https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000643731.pdf

 

厚労省、介護老人福祉施設(特養)向け感染症対策を動画公開(6/22

厚労省は、介護事業者向けに感染予防策を解説した動画シリーズ「そうだったのか!感染対策」の新作をYou Tube上に公開しました。
今回は介護老人福祉施設(特養)向けの動画と、送迎時の注意についてまとめた動画の計
4本が公開されました。

聖路加国際大学大学院看護研究科の山田雅子教授が解説しており、排泄や入浴介助の際のPPEの取り扱いなど、ケアの際の具体的な注意事項がわかりやすくまとめられています。
5月に公開された訪問介護事業者向けの動画と合わせて、ご活用ください。

厚生労働省:動画「介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策①(外からウイルスをもちこまないために)」
https://youtu.be/iobl4wSAxnA

厚生労働省:動画「介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策②(施設の中でウイルスを広めないために1)」
https://youtu.be/fGEvr7L-6_w

厚生労働省:動画「介護老人福祉施設(特養)のためのそうだったのか!感染対策②(施設の中でウイルスを広めないために2)」
https://youtu.be/kxSRp7UzAWs

厚生労働省:動画「送迎の時のそうだったのか!感染対策」
https://youtu.be/KG3HSTxUuZ4

厚生労働省:動画「訪問介護職員のためのそうだったのか!感染対策!①(あなたが利用者宅にウイルスをもちこまないために)」
https://youtu.be/OQp6VRyoYL4

 

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」