作業療法士(訪問リハビリ)の1日の流れ|フルタイム勤務の場合(起床から就寝)|訪問リハビリの基礎知識

無料メルマガ登録

訪問リハビリで働く作業療法士の1日を紹介します。 病院のリハビリと違って何をしているかがわかりにくい訪問リハビリ。仕事の内容はもちろん、起床から就寝までの1日のスケジュールを具体的に知ることができますよ。

作業療法士の基本は体力から!朝は早起きしてしっかり朝ご飯

午前5:30起床
朝食はしっかりと!が鉄則です。基本外回りである訪問リハビリの仕事は体が資本。利用者様のお宅を1日5~6件は回り、行く先々で体を張ってリハビリを行います。午前中の訪問を乗り切るために、しっかり食べてエネルギーを補給です。

ニュースのチェックも忘れずに!訪問リハビリでは利用者様、ご家族様との良好な関係を築くためにもコミュニケーションは欠かせません。
話題になりそうな時事ネタや、スポーツ好きの方のお宅に訪問する日はスポーツニュースも要チェックです。

訪問リハビリの朝はスケジュール確認からスタート

午前8:30 出勤
事務所に着いたら、本日訪問する利用者様のスケジュール確認と利用者様に関する情報交換、連絡事項の確認を行います。訪問に行ってから、「あら、昨日~さんにお伝えしたのに。」なんてことがあっては信頼関係が失われますからね。

連絡事項を確認したら、訪問に出かける準備です。その日訪問する利用者様や行うリハビリの内容によって持ち物を準備します。
CDラジカセやボール、折り紙などリハビリに使用する物品が多いのも作業療法士の特徴です。

日中5〜6件(午前2〜3件、午後3〜4件)を訪問するタイトスケジュール!

午前9:00 訪問開始
事務所から利用者様宅まで自転車で移動し、お宅にお邪魔してリハビリを行います。

訪問したらまずは問診と体温、血圧、脈拍の測定を行い、利用者様の体調チェックを行い、体調に合わせてリハビリメニューを考慮します。ストレッチや体操、関節可動域訓練、筋力増強訓練、立位・歩行練習などのメニューを行う方もいれば、トイレまで歩行して、洗面、更衣を行うなど実際の生活動作の練習を行う方もいます。

屋外歩行や料理、編み物や手工芸、歌、ゲームなど利用者様によって行うリハビリは様々。
午前に2~3件、午後に3~4件のお宅を回ります。

夕方は事務所に戻って報告書と翌日の準備

午後5:30 退社
午後の訪問を終えて事務所に戻ったら、その日の訪問内容をカルテに記載します。主治医やケアマネジャー、関係機関に利用者様のことで相談したいことがあれば電話連絡や直接訪問を行います。

その他、利用者様に指導する自主トレーニングのメニューや自助具の作成、次回のリハビリで使用する準備物の作成、報告書の作成なども行います。

普段は自分の仕事が終われば帰宅しますが、月1回の勉強会や月末は残業となることも。できるだけ訪問の空き時間を利用して仕事は片づけ、主人に子供たちを見てもらえる日に残業するようにしています。

訪問の間にカンファレンスへ出席し、利用者様に関わるスタッフ全体で今後の目標や方向性の確認も行います。

夜の家事の後は、至福のリラックスタイム。そして22時半に早めに就寝。

午後10:30 就寝
帰宅すれば、洗濯物の取り込み、子供たちの学校の手紙や宿題、明日の用意のチェック、夕食の準備、入浴、夕食、後片付けと息をつく暇もありません。午後9時に子供たちを寝かしつけると、やっと一息です。

至福のティータイム時には、撮りためたドラマを見ることやネットショッピングを楽しみます。時には利用者様のリハビリに関してわからないことや利用者様から質問されたことなどがあれば、次の訪問日までに答えが出せるように文献やネットで調べることもあります。

疲れを溜めないためにも10:30には布団に入ります。効率の良い1日のためにも睡眠時間はしっかり確保します。

【まとめ】訪問リハビリに大事なのは「体力」と「柔軟な対応力」

訪問リハビリは1日中、利用者様宅までの移動、行く先でのリハビリと常に体を動かし続ける仕事です。道中や訪問先で想定外のことが起こっても臨機応変に対応できることが求められます。あっという間の一日ですが、その分内容の濃い充実した毎日です。

毎日元気に訪問するためにも、早寝早起きを心掛け、疲れやストレスを溜めないことが大切ですね。

writer
maiko

リハビリテーション専門病院で5年勤務後、2人の出産育児を挟みながらデイケアに1年、訪問リハビリに5年従事。現在は3人目の育児中で現場から離れているが、育児が落ち着き次第、作業療法士として復帰予定。

訪問リハビリの流れとは?|初回の利用者宅訪問を事例に解説します|訪問リハビリの基礎知識

2016.07.08

ベテラン作業療法士が教える訪問リハビリの10の必需品|訪問リハビリの基礎知識

2016.06.30

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」