【転職するなら訪問リハビリ?病院?】メリット・デメリットを比較しよう

無料メルマガ登録

在宅医療への関心の高まりとともに訪問リハビリの分野を志す作業療法士が増えています。しかし、実際に転職・就職するとなると、訪問リハビリと病院のどちらを選ぶべきか悩んでしまう方も多いようです。

こちらでは訪問リハビリと病院の働くうえでのメリット・デメリットをそれぞれご紹介しますので、迷った際の参考にしてください!

 

訪問リハビリのメリット:専門性を十分に発揮できる

訪問リハビリの現場では利用者の「自分らしい生活」を支援するために、その方の「生活」や「人生」に密着したプログラムを立案する必要があります。
作業療法士はもともと「生活」を支援する専門家。退院後の多様なニーズに合わせた支援を行う訪問リハビリでは、作業療法士としての専門性を余すことなく発揮できるため、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

また、訪問リハビリでは設備や環境の整った病院とは異なり、今目の前にあるもので問題を解決していかねばならない、という場面に度々遭遇します。そんな時は自分の知識や技術を総動員して瞬時に対応していかなくてはなりませんが、こうした積み重ねによって、必然的に応用力が身についていきます。
訪問リハビリは病院勤務と比べ、セラピストとしての経験に厚みを増していくことができるはずです。

訪問リハビリのデメリット:スケジュールの管理が重要

訪問リハビリは病院での勤務に比べてタイトなスケジュールで動くことがほとんどです。訪問リハビリは実施件数によって収益が左右されてしまうため、できるだけ多くの訪問リハビリを行う必要があります。
その上、リハビリそのものだけでなく、訪問先への移動や担当者会議などの業務にも時間を割かれてしまうので、時間的な余裕は少なく、時には自分の昼食時間が犠牲になってしまう場合もあります。

また、訪問リハビリは病院と比べると他スタッフへの申し送りがしづらいため、急な休みがとりづらいという一面もあります。予定外の休みは利用者だけでなくケアマネージャーや事業所にも迷惑が掛かるため、極力取らないようにするというセラピストがほとんどです。
いずれにしても、訪問リハビリではスケジュールの管理に気を使う必要があると言えるでしょう。

病院のメリット:組織の強みを生かしてスキルアップ

病院で勤務していると、訪問リハビリとは比べ物にならないほど多くの患者様を担当することになります。様々な病態や症状に触れ、臨床経験を数多く積んでいくことで、リハビリの専門家としての視点は磨かれていきます。

また、基本的には一人で対応することの多い訪問リハビリとは異なり、病院では医師や看護師、他セラピストと同時に患者様を診ることができます。それぞれの専門的な視点で意見を交わし合うことで、患者さんを総合的にとらえる視点が養われます。

病院では、組織ならではの強みを生かし、最先端の治療技術や理論を積極的に取り入れたり、研修制度を利用して勉強会に参加したりと、働きながらセラピストとしてのスキルアップが図れるという点もメリットであると言えるでしょう。

病院のデメリット:「組織の一員」であることが求められる

病院で勤務する場合、訪問リハビリと比べると「組織の一員」ということを意識して動かざるを得ないケースが多いようです。本人の希望に関わらず、病院の方針に沿った病棟異動や委員会などの院内活動の参加が強制になる場合もあります。
病院の経営戦略によっては、必要単位数や在院日数などの数値的目標が示されることもありますので、患者様の目標と病院の目標の両方を達成するために奔走することもあります。

また、役職に就くと様々な管理業務に時間を割かれるようになり、患者様の訓練を行う機会が激減してしまいます。現場で活躍したいセラピストにとっては不本意な印象を受けるかもしれません。

訪問リハビリと病院、後悔しない職場選びを

訪問リハビリと病院or施設、それぞれで働く上でのメリット・デメリットを私なりの視点でご紹介しました。
訪問リハビリと病院、両方の現場で勤務した経験から言えることは、いずれの職場でもセラピストとして経験を積み、成長することは可能だということです。

「どんな作業療法士になりたいのか」「どんなリハビリを提供したいのか」ということを念頭に置いて行動すれば、後悔しない職場選びができるのではないでしょうか。

writer
minimix

総合病院の作業療法士として急性期、回復期、維持期、訪問の各分野で経験を積んできました。
育児のために昨年から現場を離れましたが、ゆくゆくは同じく作業療法士である夫とともに、地域に根差したリハビリに携わりたいと思っています。

訪問リハビリと病院リハビリの利用者の特徴の違い(属性や症状など)|訪問リハビリの基礎知識

2017.01.04

病院リハビリ経験者の私が訪問リハビリの仕事に就いたきっかけ

2017.01.31

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」