訪問リハビリで求められるスキルとは|ベテラン作業療法士が解説します|訪問リハビリの基礎知識

無料メルマガ登録

訪問リハビリは病院や施設のリハビリと異なり、利用者様の生活の場にセラピストが足を踏み入れて1対1でリハビリを行います。

対象となる方の疾患や症状、生活状況は様々であり、適切な対応を行うためには様々なスキルが必要とされます。

こちらでは、訪問リハビリを行う際に求められるスキルについてご紹介したいと思います。

訪問リハビリで様々なスキルが求められる背景とは?

入院日数が年々短縮傾向にある昨今、訪問リハビリでも亜急性期の患者様や、病状が不安定な患者様を担当する機会が増えています。

その一方で、生活自立度の高い対象者に対しては、より質の高い生活を送っていただくために、退院後のフォローとして訪問を行う場面も増えています。

利用者像はこのようにどんどん多様化しているのですが、在宅で対応しているのはセラピスト一人、ということはよくある話です。
そのため、訪問リハビリの分野においては、「自分の専門性を発揮しつつ、個別性の高いリハビリを行う」という本来の仕事を行うだけでは不十分です。

自らの専門の枠にとどまらず、幅広い知識とスキルを身に付けておくことをセラピストは求められているのです。

訪問リハビリで求められる「社会人としてのスキル」

訪問リハビリは病院・施設と異なり、利用者様の「生活の場」でリハビリを行うという特徴があります。
利用者様の「プライベートな空間」にお邪魔しているのですから、訪問時のマナーを守ることや、接遇スキルに磨きをかけておくことは最低限必要とされます。

また、訪問リハビリでは他職種との連携が不可欠です。そのために必要なのは「報・連・相」。他スタッフとの信頼関係を築き、訪問リハビリを円滑に進めていくためにもコミュニケーションのスキルは非常に重要なものとなります。

そのほかにも規範の遵守や、健康管理の徹底など、一般的に社会人に求められるスキルは身に付けておく必要があります。

訪問リハビリで求められる「医療人としてのスキル」

利用者様の中には訪問リハビリ以外の在宅サービスを利用していない方も数多くいらっしゃいます。そういった方にとって訪問リハビリは、唯一の医療機関への窓口であることも多いのです。

そのため、病気やリスク管理についての幅広い知識を身に付け、利用者様の日々の健康管理にも目を配らねばなりません。
医療依存度の高い方や、特別な医療管理が必要な方に対しても適切に対応できるように、個別に医療スキルを学ぶことも求められます。

万が一の急変時には、利用者様の命を守るため、救急救命法や救急車の要請などを一人で行わなければなりません。救急救命のスキルは必ず身に付けておくべきスキルの一つであると言えるでしょう。

訪問リハビリで求められる「セラピストとしてのスキル」

訪問リハビリは病院・施設と比較して、利用者様の生活により密着したリハビリを提供することが特徴です。
そのため訪問リハビリでは、利用者様の機能的回復よりも日常生活における「活動・参加」に重点を置くことがほとんどです。

この「活動・参加」は非常に個別性が高いため、それまでの自分の知識や技術、経験を総動員して対応していく、「専門家としての応用力」を活かすスキルが求められます。

また、利用者様の精神面にも配慮した支援やご家族への介助指導、福祉用具の提案、社会資源の活用など、幅広い分野において専門的な知識や技術を提供しつつ、利用者様の生活をトータルでコーディネートするスキルも必要とされます。

<まとめ>スキルを磨くチャンスはあちこちに転がっている

訪問リハビリの分野で求められるスキルは、「社会人としてのスキル」、「医療人としてのスキル」、「セラピストとしてのスキル」の3つに大別することができます。
これらのスキルを磨くチャンスは日々の業務や現場の中にたくさん転がっています。

また、訪問リハビリ従事者向けの実務者研修など、各種勉強会でもヒントを得ることができます。こうしたチャンスを生かし、自らの訪問リハビリスキルを磨いていきましょう。

writer
minimix

総合病院の作業療法士として急性期、回復期、維持期、訪問の各分野で経験を積んできました。
育児のために昨年から現場を離れましたが、ゆくゆくは同じく作業療法士である夫とともに、地域に根差したリハビリに携わりたいと思っています。

作業療法士がスキルアップのためにするべき4つのこと|訪問リハビリの基礎知識

2016.08.05

【作業療法士必見】訪問リハビリで活躍するための必須スキル|訪問リハビリの基礎知識

2016.07.14

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」