訪問リハビリで初回評価・治療時に注意する4つのポイント|訪問リハビリの基礎知識

無料メルマガ登録

訪問リハビリで、利用者様に良い印象を与え、高い満足を感じていただくためには、初回訪問時の評価・治療でのセラピストの姿勢が重要です。

そこで今回は初回訪問の際にセラピストが意識するべき4つの姿勢についてご紹介していきます。

1. 訪問リハビリの初回は、利用者様の話を注意深く聞くことが重要

訪問リハビリで初回の際は、まず利用者様の話を聞くことが重要です。そして、その中で利用者様がどういった想いで訪問リハビリを受けられているのか、これまでどういったサービスを受けられ、そのことに対してはどう思われているのか、医師からはどのような説明を受けているのかなどを探ります。

病院での初回評価となると検査などを中心に行うことが多いですが、訪問リハビリは病院のリハビリに比べて人と人との関わりという側面が強く、利用者様の想い、希望が無くては成り立たない仕事です。
利用者様の想いを傾聴し、訪問リハビリに望まれていること、それに対してセラピストが提供できることを初めに把握しておくことは非常に重要です。

2. 訪問リハビリの初回で聞いた内容を再度利用者様へ確認してみる

利用者様の話を一通り聴き終わったら、必ず訴えの内容が合っているかを確認しましょう。
こちらは理解しているつもりでも利用者様の想いとは微妙にずれている可能性があり、こういった場合は後々のトラブルにもつながります。

利用者様の主訴が何なのか、それに対して訪問リハビリに何を望まれているのかを必ず自分の言葉で言い直し、利用者様に確認する過程は非常に重要です。

そして、利用者様の想いを確認した後、その目標や想いが訪問リハビリで達成可能なのか、どういった方法で行うのかを説明し、利用者様の同意を得ます。

3. 訪問リハビリの初回では、治療に関する説明は特に入念に

実際に治療を行う前にも治療で行う内容や生じる効果、リスクなどを説明する必要があります。特に治療を行う際に一時的に痛みが出る場合などは注意が必要です。

痛みが出る治療を行う際は、一時的に痛みが出ることは治療上避けられないこと、痛みはあくまで一時的なものですぐに収まること、続けることでどういった効果が期待できるのかなどをあらかじめ説明しておくことで利用者様との信頼関係を築く手助けになります。

初めて訪問リハビリを受けられる利用者様は不安を抱えられている方も多く、リハビリ内容を警戒されている方もいらっしゃいます。
利用者様の不安を解きほぐすように、話を展開しながらリハビリを行うことも重要なスキルの1つです。

4. 初回の訪問リハビリの最後は治療の結果や感触、利用者様の感想を確認する

初回の治療が終わればなるべく利用者様に効果を実感して頂けるように治療結果の確認を行うことも重要です。
治療前に動作などを確認し、治療後それが客観的にはどういった変化がみられたか、主観的にはどのような変化があるかを尋ねます。

また、治療を繰り返すことで今後どういった効果が期待できるのか、似たようなケースの方ではどういった変化が出てきたのかなどをお伝えすることも利用者様の安心感を高める上で非常に重要です。

訪問リハビリを続けることで変わっていけると利用者様に認識して頂き、希望を持って頂けるような演出をすることもセラピストには求められます。

5. 最後に 

「第一印象が重要」とよく言われますが、訪問リハビリでもこのことは当てはまります。
初回の訪問でマズい態度を取るとセラピストに対する印象は悪くなり、その後の関係が上手く構築できないということがあります。

初回訪問で利用者様の訴えを傾聴し、利用者様が求めていること、セラピストが提供できることを明確にした上で治療を進めることが利用者様にとって満足度・質の高いリハビリを提供する上で重要です。

writer
ぷんぺー

回復期のリハビリ病院で3年間の勤務の後、現在は訪問看護ステーションで働き地域でのリハビリを行っています。
「作業療法士の強みを活かしたリハビリとよりよい訪問看護の提案」について悩みながら日々リハビリを行っています。

訪問リハビリの流れとは?|初回の利用者宅訪問を事例に解説します|訪問リハビリの基礎知識

2016.07.08

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」