地域包括ケアシステムにおける訪問リハビリの役割|訪問リハビリの基礎知識

2025年に向け、高齢者が住みなれた我が家、地域で介護や医療のサービスを受けられるように、地域が中心となり包括的な体制を整えていく必要があります。

そんな地域包括ケアシステムにおいて、訪問リハビリはどんな役割を担うのでしょう?訪問リハビリに求められること、理想の形を考えてみました。

地域包括ケアシステムとは|訪問リハビリの基礎知識

厚生労働省によると、地域包括ケアシステムとは
「高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制」
とされています。

「団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。」とあり、
「地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要です。」ともあります。

 

地域包括ケアシステムでの訪問リハビリの役割 その1 各サービスとの橋渡し

地域包括ケアシステムの中でのリハビリテーションは、病院、デイケア、施設、訪問リハビリなどがあります。その中でも、訪問リハビリは高齢者の住み慣れた住まいで行うリハビリです。
訪問リハビリそのものが、高齢者が自分の住み慣れた住まいで生活を送ることができるように、身体機能の維持・向上やADLの維持・向上を目指すことの役割を担っています。

また、病院から自宅へと退院する際に、病院で獲得してきた機能を自宅での生活場面でどのように活かしていくか、維持・改善していくかという橋渡し的な存在も担っています。
また、対象者の方の移乗・移動手段を訪問リハビリによって獲得し、より社会的な関わりを持つことを促すために、デイサービスやデイケアなどの通所サービスへとつなげることもあります。

地域包括ケアシステムでの訪問リハビリの役割 その2 地域活動への参加

訪問リハビリは高齢者の方が住み慣れた自宅で実施するものであり、高齢者の方を中心とした地域とのコミュニケーションを図っていくことのできる場所でもあります。
デイサービスやデイケアなどに通うこと自体が地域の方との交流を持つ場所・機会ともなりますが、病気や障害によって一旦、距離ができた地域とのつながりの再開は、訪問リハビリで構築できるものだと考えます。

私が担当した方では、訪問リハビリの時間に家の外で歩行練習や車椅子での散歩を行うことで、ご近所の方から「○○さん、頑張ってるね。」、「○○さん、こんにちは。」などと挨拶を交わされ、地域の集会への参加の声が再び掛かるようになった例もありました。

病気になるとどうしても自宅へと閉じこもりがちとなり、地域との交流も遮断されます。よっぽど仲の良い関係でないと、近所の方も「最近○○さんみないけど、介護の方が来てるから体を悪くしたのかしら」と、地域交流への参加のお誘いも来なくなりがちです。
ですが、高齢者の方自身が元気な姿を現すことで、「車いすのままでも良いから今度参加してみない?」と声が掛かるようになるのです。

しかし、これはもともとご近所との交流があった方に有効な手段です。元気なうちから、地域の集会などに参加して顔見知りをつくっておくことも大切だと感じました。

訪問リハビリが地域包括ケアシステムで目指すところ

訪問リハビリは自宅という地域包括ケアシステムの中心でリハビリを実施しており、自宅での生活が円滑に送れるような支援はもちろん、周りの病院や施設、通所サービスとの連携も必要です。
自宅の生活を中心としてサービスが提供されているので、必要な情報は他機関とも積極的に交換していくことが求められます。

訪問リハビリでは、身体機能、ADLの向上はもちろんですが、IADLまでを視野に入れた目標を立てることで地域とのつながりが見いだされると感じます。
機能向上も大切ですが、車椅子レベルであっても、買い物や外出すること、家事の一部を行うこと、通所サービスにおいて役割を見出すことなどが社会的な参加となり、住み慣れた地域で「生きる」ことにつながると感じます。

<まとめ> 地域包括ケアシステムと訪問リハビリ

地域包括ケアシステムにおいて訪問リハビリの占める役割は大きいと感じます。訪問リハビリの関わりで、高齢者の方の生活の質や生活範囲が変化することになるからです。

他機関との連携や生活そのもののフォローの部分については今までも十分に行ってきているところですが、これからは地域活動への参加、社会的な役割の獲得を持って「地域の中で生きる」というところが課題となってくるでしょう。

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/

writer
maiko

リハビリテーション専門病院で5年勤務後、2人の出産育児を挟みながらデイケアに1年、訪問リハビリに5年従事。現在は3人目の育児中で現場から離れているが、育児が落ち着き次第、作業療法士として復帰予定。

ご家族への介助方法の提案方法|訪問リハビリの基礎知識

2016.11.16

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」