【作業療法士の給料事情】病院と訪問リハビリで違いはあるの?

病院から訪問リハビリに転職を考える際に気になるのが給料ですね。作業療法士の年収は病院と訪問リハビリとではどのくらい変わるのでしょうか?病院より多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

気になる給料の違いをみていきましょう。

病院で働く作業療法士の給料は?―年収はどのくらい?―

病院で働く作業療法士の給料はどのくらいなのでしょうか?作業療法士の求人広告を調べてみました。病院によって月額20~30万円の幅があり、だいたい諸手当込みで月額23万前後のところが多いです。
この金額を基本として、経験年数が上がるにつれて多少プラスされていくようです。 年収は、賞与が年2回で350~600万円程となるようです。

厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給」によると、初任給(男女の合計)は高専・短大卒で17万5600円、大学卒で20万2千円とあります。(出典:厚生労働省ホームページ平成27年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給)作業療法士の給料は、世間一般と比較して、平均以上の給料ということになるようですね。

病院で働く作業療法士の給料は?―実は病院によって差があるんです。―

病院で働く作業療法士の給料は月額20~30万円と示しましたが、実はこの給料に満たない作業療法士も、反対に、もっと多くの給料を手にしている作業療法士もいます。
私も卒業後、病院に勤めた際の初任給は月額20万円には届きませんでした。ですが、同級生でも初任給から月額30万円近い給料を稼いでいる作業療法士もいましたので、勤める病院によって給料の差がありました。
賞与も3か月分のところもあれば、5か月分のところもありますので職場によって年収も大きく変わってきますね。

勤める病院の分野(回復期、総合、精神など)や地域、規模によっても月の給料、年収の差は出てくるようです。

訪問リハビリで働く作業療法士の給料は?―年収はどのくらい?―

次に訪問リハビリで働く作業療法士の給料をみてみましょう。こちらも訪問看護、または訪問リハビリステーションの給与を求人サイトで確認してみると、月給は30万円~というところが多くみられました。
年棒制の職場もいくつかあり、月収は450~700万円程のようです。月に訪問件数○○件または、○○時間を超えると別途手当てが付く職場もあります。

こうしてみてみると、病院より訪問リハビリで働く作業療法士の方が平均的な給料、年収は多そうであるということがわかりますね。

訪問リハビリで働く作業療法士の給料は?―非常勤の場合は?―

訪問リハビリで働く作業療法士の非常勤の場合、時間給のところもありますが、1件訪問して〇〇円という歩合制のところが多いのが特徴です。
訪問リハビリの訪問時間(40分、60分)や保険内容(介護保険か医療保険か)によって1件当たりの給与が決まっています。
これには、月末に提出しなくてはならない報告書の作成やカンファレンスへの参加の給与も含まれている職場もあれば、別途支給される職場もあるようです。

時給にすると一般的な職種よりもかなり高給なのですが、訪問と訪問の間に空き時間がある時や、患者様の都合で当日キャンセルになった時などは無給の時間が発生することになりますので、出勤していた時間で割ってみると時間給の職場とそう変わりはないように思います。

訪問リハビリでは非常勤で働く人でも常勤並みの月給を稼ぐ方もいらっしゃいます。ただし、賞与がない分、年収は常勤よりも少なくなり、会社の保険などの待遇も異なってきます。

病院と訪問リハビリで働く作業療法士の給料・年収の差とは?

給料だけでみると、訪問リハビリの方が病院よりも給料は良いようです。給料だけで職場を決めるのであれば、訪問リハビリで働く作業療法士がどっと多くなりそうですが、実際はそんなこともないですよね。

作業療法士の仕事は、臨床に立ちながらも日々の経験が自分にかえってきますので、給料を一番に考えるという方もいるかもしれませんが(家計を一番に考えることももちろん大切なことです)、給料は納得できる範囲として、自分が学びたい、経験したい分野を選んで働く作業療法士が多いのが現実でしょう。

一般的な事情として、病院よりも訪問リハビリの方が、給料が良いということを知っている作業療法士がほとんどだと思います。
そのうえで、自分がどの道に進むのかという将来設計のもと、今、進むべき道をそれぞれ歩んでいるのでしょう。

病院よりも訪問リハビリで働く作業療法士の方が、給料が良い?

求人広告を見ると、病院よりも訪問リハビリで働く作業療法士の方が給料、年収が平均的に良さそうであるということがわかりました。ですが、職場によって給料事情は様々であり、休日、仕事内容、残業など、その他の条件を踏まえて比べると、一概に訪問リハビリの方が病院より給料が良いとは言えません。
それぞれ、どこに価値を見出して働いているのかということでしょう。

writer
maiko

リハビリテーション専門病院で5年勤務後、2人の出産育児を挟みながらデイケアに1年、訪問リハビリに5年従事。現在は3人目の育児中で現場から離れているが、育児が落ち着き次第、作業療法士として復帰予定。

 

【転職するなら訪問リハビリ?病院?】メリット・デメリットを比較しよう

2016.07.21

訪問リハビリと病院リハビリの利用者の特徴の違い(属性や症状など)|訪問リハビリの基礎知識

2017.01.04

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」