ボディメカニクスを理解すると介護者の身体負担が軽減できる|訪問介護の基礎知識

ボディメカニクスは体のメカニズムを生かした介護の方法であり、理解して取り入れることで、介護者側の身体を守ることができます。

ここでは、支持基底面、体をねじらない方法、てこの原理を応用した方法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

ボディメカニクスを理解し、最小限の力で体を動かす|訪問介護の基礎知識

介護をしているとどうしても腰を痛めてしまうことがあります。介護の仕事は非常に重労働ですので、日々の介護を行うことによって慢性的に腰を痛めてしまい、介護の仕事が出来なくなってしまう場合もありますので注意しましょう。

ボディメカニクスを取り入れることで、体の力をうまく使い最小限の力で介護を行うことができます。
これは、介護を提供する側のメリットももちろんですが、介護を受ける側にもメリットがあります。力任せの介護よりも、体の仕組みを理解した介護の方が高齢者も安心して介護を受けることができます。

重心を低くし、安定させる

ボディメカニクスは重心を下げた姿勢が基本としています。重心をさげつつ、足を広げることによって支持基底面(※)を広く取って、体全体の安定を目指していきます。
体の安定を目指すことによって、バランスを崩すことがなくなり、腰に負担がかかってしまうことや、体の一部に負担を与えることを予防することができます。
重心を下げつつ、介護をするのである程度の下半身の筋力が必要になりますが、正しい行い方をすることができれば、体に負担なく介護を提供することができるのです。

※支持基底面とは
体重や重力により圧を感じることができる身体表面(支持面)とその間にできる底面のことを指します。

てこの原理を応用する

介護で頻繁に行う行動としては、高齢者をベットから起こしたり、高齢者を車いすに移したりすることです。それらのことを移乗とますが、その際、腰を痛めやすく、ぎっくり腰の要因ともなります。

腰痛を予防するためにも移乗するときにボディメカニクスのてこの原理を使用します。
例えば、ベッドから起きてもらう際には高齢者の腰を支点として、上半身を起こして、下半身を下げると必要最低限の力で起こすことができます。
体の原理を把握することによって、最小限の力で、介護者にも高齢者にも優しい介護を提供することができるのです。

体をねじらないことがポイント

「体をねじらない」ことがボディメカニクスの基本的な動作になります。体をねじってしまいますと、体の一部に負担をかけてしまいますし、不安定な状態になってしまいます。

足の位置を工夫して、常に高齢者と対面になることによって、状態を安定させて、お互いに負担になることを予防することができます。腰痛を持っている方にはとても有効な方法であり、日々の腰の負担の軽減はもちろんですが、ぎっくり腰になる可能性を低くしてくれますのでお勧めです。

介護従事者は必須の知識

ボディメカニクスは介護をしている方であれば必須の知識、技術になります。介護の仕事を長年続けていくのであれば、しっかりと学んで活用するようにしましょう。
また、介護が非常に上手な方は、ほとんどがボディメカニクスを意識して介護を行っていますので、実際に教えてもらうことがお勧めです。

<ライタープロフィール>
Kokko0320
介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーの資格を取得、介護経験は10年以上あります。介護に興味のある方や、現在介護携わっている方に向けて分かりやすい情報を提供していきます。

 

体位変換の基礎知識と実践|訪問介護技術の基礎知識

2016.09.13

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」