訪問リハビリに携わる理学療法士の仕事内容と1日の流れ(就寝から起床まで)

訪問リハビリで理学療法士がどのように働いているのか説明します。仕事内容だけでなく起床から就寝まで1日流れを私の実体験をもとに説明します。

訪問リハビリに興味のある方や、初めて訪問リハビリで働く方は是非参考にしてみてください。

訪問リハビリで使える情報収集。朝から新聞でネタ探し

AM6:00 起床

朝は6時に起床します。眠たい目をこすりながら朝食をとるのですが、必ず欠かさないのが新聞やネットなどのニュースチェックです。
コミュニケーションを円滑にすることは利用者さんやご家族との信頼関係作りに非常に役立ちます。そのために、新聞などから様々な情報を収集します。

時間があれば必要そうな資料や文献を探して、事業所に持っていく準備をします。というのも交通事情などで少し時間があくことがあるので、時間を有効活用できるようにします。

準備が大事!訪問リハビリのスケジュールをチェック

AM8:00 出勤

始業時間は8時半ですが、最低30分前には出勤します。訪問リハビリは1件あたりの時間が40分〜60分で、当日休まれる利用者さんもいらっしゃいます。
訪問リハビリのスケジュールだけでなく急遽できた空き時間をどのように過ごすかも含めて当日のスケジュールを確認します。

空いた時間にケアマネや通所事業所を訪ねることがあるので、事前に連絡をとっておきます。また、バイタルチェックの道具やトレーニング器具、福祉用具など必要なものを準備しておきます。

訪問リハビリ開始!まずは挨拶と体調チェック

AM9:00 訪問スタート

早ければ9時から訪問リハビリが始まります。自動車や原付で移動します。利用者さん宅に着いたらまず挨拶です。あくまで他人の家にお邪魔するので、当たり前ですが礼儀正しく挨拶することが大切です。

訪問リハビリで最初に行うのは体調チェックです。問診やバイタルチェックをします。また、ご家族にも何か変わったことがなかったか聞き取ります。
この時、異変があり対応が必要な場合は訪問看護師や医師に連絡します。一人での訪問になるので、適切で迅速な対応が必要になります。

理学療法士の腕の見せ所!生活面まで幅広くアプローチ

日中 1日4〜5件を訪問

機能面の改善が必要であれば、関節可動域練習や筋力トレーニングなどを行います。ADL動作は利用者さん宅の環境で何度も練習できます。家事や趣味、外出などの生活行為も実践します。ご家族への介護指導もよく行います。
施設と違い器具などは整っていませんが、利用者さんやご家族の急な質問や課題に適切な対応を行うことが大事になります。

1日4件から5件訪問します。利用者さん宅でのリハビリ以外にも他事業所や主治医への訪問や担当者会議、リハ会議などへ参加することもあります。

ランチは少しでも時間を節約するため、車の中で食べることが多いです。手作り弁当を持っていくので、夏場は保冷剤が必須です。

訪問リハビリ終了後は事務作業や連絡業務

PM5:00 事務所に戻る

5時に事業所へ帰ります。事業所ではカルテ記入や計画書作成などの事務作業を行います。利用者さんへは様々な在宅サービスが関わっています。そのため、必要事項はその日のうちに他事業所へ連絡します。

記録が終われば次の日に必要な道具の準備や調べ物をします。特に福祉用具を活用することが多いので、デモが使いたければ福祉用具貸与事業所へ連絡し準備を依頼します。自主トレメニューの考案や資料を作ったりもします。

訪問リハビリは計画書や指示書、ケアマネへの報告書など記録業務が多いのも特徴です。そのため、月末などには残業することもあります。

帰宅したらリラックス。しっかり疲れを癒します

PM6:00 退社

訪問リハビリでは利用者さんだけでなく、ご家族や他事業所などたくさんの人と関わります。慣れないうちは体だけでなく精神的な疲労もかなりあります。そのためしっかりとリラックスする時間を作ることが重要です。

私は2人の子供と遊びスポーツを見て、ゆっくりお風呂に入って疲れをとります。運転するので寝不足にならないようになるべく早く就寝します。次の日に必要な勉強などをした後、10時半には就寝するようにしています。

訪問リハビリに大事なのは「対応力」と「行動力」

訪問リハビリは環境が整っていない中で、一人で色々な場所を訪問しながらリハビリを行い、様々な職種や事業所の人と連携を図ります。

そのため、リハビリにおいても連携においても、適切な対応力と迅速な行動力が訪問リハビリには重要なのではないかと思います。

<ライタープロフィール>
syusei0430
介護老人保健施設で入所や通所、訪問リハを経験し、現在はリハ管理者・介護支援専門員として、整形外科クリニックに所属しています。通所、訪問リハにも関わりながら、介護予防事業など地域リハビリを実践しています。

 

現役理学療法士が教える在宅リハビリの必需品6選|訪問リハビリの基礎知識

2017.01.12

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」