外出訓練の概要・気をつけるべき点|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリにおける外出訓練のニーズは高く、外出訓練がメインのプログラムとなることも多くあります。というのも、訪問リハビリを利用されている方にとって、安全に外出ができるかどうかは、その方の日中の活動性に大きな影響を与えるからです。

今回は、訪問リハビリにおける外出訓練の概要や、気を付けるべきポイントについてご紹介いたします。

訪問リハビリで外出訓練を行なう目的は何?はじめにしっかり確認を

利用者さんやご家族が訪問リハビリでの外出訓練を希望される場合、必ずそこに何か目的や目標があるはずです。
例えば「近所のスーパーまで自分一人で買い物に行けるようになりたい」とか、「バスに乗って病院まで行けるようになりたい」とか、「家族と温泉に行きたい」とか、その人にとって大切にしたい理由があるはずなのです。

セラピストは、こうした理由を把握することで、外出訓練における評価項目の選出や訓練の段階付け、リスク管理を適切に行うことができるようになります。

ただ単に訪問リハビリで外出の機会を作りたい、というだけでなく、外出訓練のその先にある目標を共有することで、双方の訓練へのモチベーションもアップします。

訪問リハビリで実際に外出訓練を行う前に必ず確認しておくこと

訪問リハビリのプログラムとして外出訓練を行う場合、実際に訓練にでかける前に必ず確認しておくべき事項があります。

まず、外出訓練を行う際には、主治医から外出訓練の許可を得ることが必要です。
その上で外出訓練を行うにあたってのリスクや実施基準、緊急時の対応についてしっかり確認することが大切です。

万が一外出訓練時に急変が起こった場合、状況によっては利用者さんを守れるのはセラピストだけ、かもしれません。そんな場合にでも、迅速に対応ができるように準備を怠りなくしておきましょう。

また、利用者さんご本人やご家族にも、事前に外出訓練の目的を説明し、緊急時の連絡先について確認をしておく必要があります。

外出訓練のコースについても事前に道の形状や人通りの多さ、交通量などを調べておくことをお勧めします。公共交通機関を利用する場合は料金や運行状況についても確認しておくと、慌てずに済みます。

訪問リハビリにおける外出訓練で気を付けるべきポイント

通常の訪問リハビリにおいてもバイタルチェックは欠かせないものですが、外出訓練の際には利用者さんの健康状態や疲労度を確認するため、バイタルチェックを通常より頻回に行います。

訓練中は歩行の状態や顔色など、利用者さんの様子に特に注意を払うことが大切です。状況に応じて休憩を取ったり、場合によっては外出訓練を中断することも視野に入れておく必要があります。

また、屋外には様々な刺激があるため、利用者さんの注意もそれやすく、思わぬ事故に繋がることもあります。訓練中は利用者さんや周囲の環境に最大限の注意を払う必要があります。

初回の外出訓練では、実施時間・実施距離ともに短めに設定し、利用者様の状態に合わせて段階付けを行っていくようにすると良いと思います。

訪問リハビリで外出訓練を実施した後はフィードバックを!

訪問リハビリでの外出訓練実施後は、利用者さんには水分補給などしながらしっかり休憩を取っていただきます。終了後のバイタル確認も重要です。

少し落ち着いたら、利用者さんご本人やご家族に対して外出訓練を通してセラピストが評価した内容についてお伝えするようにします。
その結果を踏まえて今後の課題や目標などを話し合い、ステップアップを目指していくのです。

また、必要に応じて他の在宅サービス担当者にも外出訓練の様子や外出訓練で評価した内容について伝達し、情報を共有します。

外出の際に気を付けるべきポイントや効果的な介助方法を共有することで、訪問リハビリの場面だけでなく、他サービス利用における外出時やご家族との外出時に統一した対応を取れるようになります。

訪問リハビリの外出訓練から、利用者様の活動範囲を広げていこう!

在宅生活を送る方の中には外出することに不安を感じ、ほとんどの時間を自宅内で過ごす方も少なくありません。
訪問リハビリの外出訓練では、ただ屋外歩行を練習するだけでなく、利用者さんの活動範囲を拡大するためにはどうしたらよいかについても一緒に検討していきます。

外出訓練がきっかけとなって、閉じこもりがちだった利用者様が地域活動に積極的に参加されるようになったというケースも数多くあります。

訪問リハビリにおける外出訓練は、利用者様が地域でイキイキと生活していくための第一歩を踏み出すお手伝いになるかもしれません!

writer
minimix

総合病院の作業療法士として急性期、回復期、維持期、訪問の各分野で経験を積んできました。
育児のために昨年から現場を離れましたが、ゆくゆくは同じく作業療法士である夫とともに、地域に根差したリハビリに携わりたいと思っています。

訪問リハビリの流れとは?|初回の利用者宅訪問を事例に解説します|訪問リハビリの基礎知識

2016年7月8日

夏場はこれが大変!訪問リハビリあるある4選

2016年8月9日

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」