【作業療法士必見】訪問リハビリで利用者様から信頼を得る4つの秘訣

訪問リハビリでは治療ができるだけでは利用者様からの本当の信頼を得ることはできません。今回は私が新人作業療法士として訪問リハビリを始めた頃にやってしまった失敗と体験談から、利用者様からの信頼を得るためのポイントを4つご紹介致します。

1.訪問リハビリでは作業療法士の”マナー”も指摘される

病院でのリハビリは患者様が自室からリハビリ室に来てくださりリハビリを行います。しかし、訪問リハビリはその反対で利用者様のご自宅や施設のお部屋へ訪れリハビリを提供する必要があります。

訪問の際に最低限の社会的なマナーや常識が無ければ、いくら技術があっても利用者様からの信頼を得ることはできません。名刺の渡し方や靴の脱ぎ方から話す時の語調、雰囲気、トーンなどご利用者様の中には細かい点もシビアにチェックされる方がいらっしゃいます。
私自身も病院での経験があったため治療自体は行えたのですが、マナー面の配慮が行き届いておらず、利用者様から後にマナー面で苦情を受けたこともありました。

2.訪問リハビリで作業療法士が行う内容に関する”説明不足”

2つ目は訪問リハビリで作業療法を行う際の説明についてです。
病院では医師の目の届く範囲でリハビリを行うため、患者様も無意識の内に安心感を持ってくださります。しかし、訪問リハビリとなると訪問リハビリに不安を抱かれている方、リハビリの効果を疑問視されている方など様々な利用者様がいらっしゃいます。

私自身もリハビリ内容に関する説明が疎かになってしまい、利用者様を怒らせてしまうことや拒否をされたことがありました。利用者様に納得いただき、双方がしっかりと理解し合った状態になるため、リハビリ前に主なリハビリ内容、ゴールなどを病院以上にしっかりと打ち合わせをすることは非常に重要です。

3.訪問リハビリでの作業療法士の”話し方”が不信感に!

3つ目は話し方や口調についてです。もちろん敬語や丁寧語で話すことは大切ですが、それ以上に大切なことは相手に安心感を与えられる説明、相手が理解できるように分かりやすく伝える能力です。

いくらしっかりとした意見を持っていても、それを伝える能力がなければ利用者様に理解していただくことは難しいです。私自身、早口で話す癖があったためこのことには非常に苦戦しました。
説明をしている内にいつの間にか焦って早口になってしまい、利用者様に上手く情報が伝えられないということはよくありました。
利用者様に熱意を持って接するだけではなく、自分の想いや意見を正しく伝えるスキルも訪問リハビリでは要求されます。

4.作業療法士は”利用者様に合わせた”訪問リハビリを提供する

病院では機能訓練やADL訓練を中心に行い患者様の機能回復、動作能力の向上を図ることが多いです。しかし、訪問リハビリの場合はそういった方ばかりではなくあえて能力の維持が要求されることもあります。
利用者様によっては今の能力をとにかく維持したい方、セラピストにとにかく話を聞いてほしい方などリハビリを受けられる目的も様々です。

セラピスト主導で能力回復だけを追求するのではなく、利用者様がなぜリハビリを受けられているか本当はどんな生活を望まれているかを把握して、訪問リハビリや作業療法を提供することが大切です。

【まとめ】訪問リハビリで作業療法士に求められるのは思いやり

いかがだったでしょうか?非常に単純なことですがいざ現場に出ると能力の回復や治療のみに没頭してしまいこれら4つのことを忘れてしまいがちです。
訪問リハビリの現場では個々のセラピストの人間力、社会性が問われることもあります。些細な事でこれまで培ってきた信頼が一瞬で失われるということもあり、そうならないためにも最低限の社会常識、人間性、そして利用者様を思いやる心を持つことが何よりも大切だと感じています。

【作業療法士必見】訪問リハビリで活躍するための必須スキル|訪問リハビリの基礎知識

2016.07.14

【作業療法士さん必見!】患者様ご家族と接するときの注意点4つ|訪問リハビリの基礎知識

2016.05.06

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」