訪問リハビリに最適な服装は?一番気をつけるべきポイントは靴下!|訪問リハビリの基礎知識

無料メルマガ登録

訪問リハビリは、病院や施設での仕事に比べて、家庭に訪問してリハビリを行うというサービス業の域に近い仕事です。

ですから、身だしなみを整えることがとても大切です。自宅に上がってくる業者が不衛生な恰好や、ラフすぎる服装だと信用に欠けてしまうものです。

今回は訪問リハビリの服装についてお話していきます。

訪問リハビリの服装は利用者様に安心感を与える清潔感が大切

私の勤めていた事業所では、訪問時の服装は「上は襟付きの服、下はジャージ、ジーンズは禁止。スラックス推奨。」という決まり以外は自由でした。

男性はほとんどの人がシャツ、またはポロシャツにスラックス、チノパンといった格好でした。
やはり、シャツをピシッと着こなしている男性は清潔感もありますし、仕事ができる風に見え、利用者様から見た時にも安心感があるものです。

女性もシャツかポロシャツにチノパンという恰好が多かったです。
私は普段襟付きの服を着ることがないので、訪問リハビリ用のシャツを購入することでON-OFFのメリハリがつき、仕事への気合いが入る部分もありました。

機能性も考えた服装選びを

同じ事業所で働く看護師さんで、フリルのついた素敵なブラウスを着こなしている方がいて、「私もフリルのついた素敵なブラウスが着たい。」と横目で憧れていましたが、結局着ることはありませんでした。
リハビリスタッフは、利用者様を抱えることも多く、基本的にずっとしゃべって動いているので、動きやすいことが一番です。

「作業療法士って、手工芸とか静かに作っている感じ」と想像されるかもしれませんが、訪問リハビリは何でもありなので基本”体育会系”です。
やはり、機能性が第一。私の服装はいつもポロシャツにチノパンというスタイルでした。
そのため、子供が通う保育所のママさんたちからは、「トレーニングジムで働いているママ」と思われていたぐらいです。

一番気を抜いてはいけないのが「靴下」

ピシッとシャツとスラックスで決めていても、忘れがちなのが足元です。「靴下なんて何でもいいや」では、訪問リハビリは許されません。
中には服装規定で、「靴下は白」と決められている事業所もあるかもしれませんが、白の靴下ほど気を使うものはありません。

お宅に上がると正座や膝立ちの姿勢が多いので、必ず足の裏が見えてしまいます。
白い靴下を履いた足の裏が真っ黒だと清潔感のかけらもありません。「あるお宅に上がるといつも退出した時は足の裏が真っ黒・・・」なんてことも。

ですので、必ず靴下の替えは鞄に準備しています。私の事業所では無地の地味な色であればOKだったので、なるべく汚れの目立たないグレーや黒を履いていました。

ですが、裏が擦り切れて穴が開きそうになっていたのを利用者様に指摘され、恥ずかしい思いをしたこともあります。靴下チェックは抜かりなく!

靴は脱ぎ履きのしやすさを考えて選ぶ

訪問リハビリの服装では、靴も機能性と見た目のきちんとさを兼ね備えてなければなりません。

特に重要視したい点が、脱ぎ履きのしやすさです。
利用者様を介助しながら外へ出ることもあり、またお宅を後にする時にモタモタ靴を履いているようではスマートではありませんし、次の訪問にも差し支えます。

さっと履けてさっと脱げるということが訪問リハビリの現場では必須です。
あれこれ探して、私が行きついたのはスリッポンタイプのスニーカーです。スタッフの中でもスリッポンタイプは人気でした。
キャンバス地の場合はすぐにくたびれてしまうので、色あせや破れがみられたら新調していました。お宅に上がるのにボロボロの靴では失礼ですからね。

見た目のきちんとさと機能性

訪問リハビリの服装は、事業所によっては制服があるところも多いと思います。一番よく見かけるのはポロシャツとジャージでしょうか?

医療スタッフとしてお宅に訪問する仕事ですので、見た目がきちんとしていること、清潔感があること、そして、リハビリや介助の妨げとならないように動きやすさは外せません。
機能的なうえ、センスの良い服装をしているスタッフはとても素敵に目に映りますね。

writer
maiko

リハビリテーション専門病院で5年勤務後、2人の出産育児を挟みながらデイケアに1年、訪問リハビリに5年従事。現在は3人目の育児中で現場から離れているが、育児が落ち着き次第、作業療法士として復帰予定。

訪問リハビリのヒヤリハット事例|実際の事例と覚えておくべき予防策8選

2016.10.06

ご家族への介助方法の提案方法|訪問リハビリの基礎知識

2016.11.16

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」