訪問リハビリの経験者なら必ず共感!訪問リハビリのヒヤリハット事例4選!

無料メルマガ登録

訪問リハビリでのヒヤリハット(失敗事例)、誰でも必ず一度や二度はあるはずです。

病院や施設のように安全に配慮された環境が整っていない利用者様のお宅で行うリハビリですので、予期せぬ出来事が起こるのは日常茶飯事です!

私が体験した訪問リハビリでのヒヤリハットな出来事を紹介します。

1. 訪問リハビリに訪ねたら利用者様が倒れていた!

訪問リハビリを始めて間もない頃です。

その方は独居で、「こんにちはー」と声をかけると、いつも玄関まで鍵を開けに来てくださる方でした。いつものように声をかけると、中から「助けてくれー」と声がするではありませんか。
急いで窓の隙間から中を覗くと利用者様がベッドから落ちて横たわっているではありませんか。

「大変!でも鍵が開かない!どうしよう。」と思いましたが、利用者様がしっかりされた方だったので、お知り合いのお宅へ連絡して合鍵をお借りし、中へ入ることができました。

看護師に連絡をとって状態確認をしてもらい、ケアマネにも連絡。発熱のためいつものように体が動かず、トイレへ行こうとしてベッドからずり落ちてしまったとのことでした。

幸い、利用者様に怪我はありませんでしたが、独居の方は状態が悪くなった時にも安全にトイレが行なえるような手段を初回の訪問時に考えておく必要があると痛感した出来事でした。

2. 訪問リハビリに必須な器具を忘れてしまった!

私が初めて訪問リハビリに行ったときのことです。緊張しながらも挨拶を終え、さあ、バイタルチェックを。と思ったら、なんと、聴診器がない!

初日ということもあり、少々パニックを起こしていた私は、訪問したお宅が事務所からほど近いこともあって、「聴診器を取りに戻る」という道を選択したのです。

利用者様に重々お詫びをし、息を切らして事務所に戻りましたが、「聴診器がない場合は触診で上の血圧を測りましょう」と指導を受けました。
利用者様にとっては、初めての訪問時に忘れ物をされると良い印象を持ちませんし、信用も下がります。

初日に忘れ物をしてからは、毎回出発時に、訪問セットは血圧計の空気の入り具合まで必ずチェックするようにしています。

3. 湯沸かし器の電源を切ったか自信が持てない!

ある日の訪問リハビリ時、利用者様のリハビリをしようと思ったらオムツが汚れていたので先にオムツ替えをすることにしました。
下のシーツや洋服なども汚れており、利用者様の身体をお湯で絞ったタオルで拭こうとお風呂場をお借りして、湯沸かし器をつけました。

無事に着替え終わり、リハビリをしてお宅を後にしたのですが、事務所に戻ったところで「ハッ」と思い出したのです。
「湯沸かし器のスイッチ切ったっけ?」と。

でも、どうしても思い出せません。家族がいらっしゃるお家でしたので利用者様のお宅に電話をして、給湯器のスイッチの確認をお願いしてお詫びをしました。

いつもと違うことが起こっても、最後まで気を抜かずに対処しなければならないと反省しました。

4.スケジュールを急いでも絶対に安全運転!

訪問リハビリは時間単位で動くので、前の訪問が少しでも長引けば、次の訪問時間に間に合わすためにとても焦ることになります。
焦っていると注意力が落ち、起こしてしまうのが事故です。

前の訪問が長引いて、次の訪問先をめがけてスピードを出して自転車をこいでいたら、いつもは用心する三叉路で横から出てきた自転車とぶつかってしまいました。

「危ない!」と思って急ブレーキを踏みましたが間に合いませんでした。相手は同業者の方で、自転車のかご同士が当たった程度の衝突だったので「お互い、急いでいても気をつけましょうね。」で済みましたが、本当に血の気のひく思いでした。

どれだけ急いでいても事故に合ったら訪問どころではなくなります。
時間通りに訪問を終えることはもちろん、遅れそうなときは事前に利用者様に連絡して安全運転で向かうようにすることの大切さを再認識です。

訪問リハビリは予期せぬ出来事ばかり

訪問リハビリでは、いつもと違う状況、初めての状況に直面することが多くなります。どんなことがあっても落ち着いて対処できるように、利用者様の全体像から考えられるリスクを前もって想定しておくことが必要です。

そして、時間、マナー、自分の身も守ることも大切です。ヒヤリハットは起こさないように。
もし、起こしてしまった時も慌ててしまわないように適切な対処法を学んでおくことが大切です。

writer
maiko

リハビリテーション専門病院で5年勤務後、2人の出産育児を挟みながらデイケアに1年、訪問リハビリに5年従事。現在は3人目の育児中で現場から離れているが、育児が落ち着き次第、作業療法士として復帰予定。

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」