TAG
作業療法士
在宅医療の特集・インタビュー

訪問リハビリの融合で在宅医療の可能性を広げる―プライマリーケアクリニック 院長 木内典裕 ―

京王線・井の頭線「明大駅前」から徒歩3分程度に位置するプライマリーケアクリニックは2012年に開業した在宅療養支援診療所で、杉並区、渋谷区、新宿区、中野区などを中心に訪問診療を行っています。救急センターを経て整形外科の治…

多職種連携の基礎知識

【作業療法士の視点】訪問リハビリスタッフとケアマネージャーの関わり|訪問リハビリの基礎知識

作業療法士など訪問リハビリのスタッフは様々な職種と連携を取りサービスを提供しますがその中でもケアマネージャーとの連携は特に重要です。 ここでは、ケアマネージャーと連絡を取る上で大切なことや具体的にどのような場面で連絡を取…

多職種連携の基礎知識

福祉用具の選定における作業療法士の役割|福祉用具専門相談員との連携|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリに携わる作業療法士は利用者様の生活をより快適に、安全なものにするためのリハビリを日々行っています。 利用者様の実生活に即した訪問リハビリの中では、適切な福祉用具を導入することによって、利用者様の日常生活の質が…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

座位が取れる利用者様に立位をとってもらう介助のコツ|訪問リハビリのノウハウ集

訪問リハビリの利用者様は、家に閉じこもりがちで過ごしています。ベッド上で過ごす時間が長いので、下肢筋力が弱って立つことも困難になっている方も多くいます。 訪問リハビリで、立位を取ってもらうときに辛い思いをさせてしまうと、…

訪問看護の働き方・職場事情

【訪問看護ステーションの看護師必見】作業療法士とのコミュニケーションを円滑にする4つのステップ|訪問看護の基礎知識

厚生労働省が主導する病院の入院期間短縮の方針により、在宅でのリハビリを実施する人が増えています。それに伴い、作業療法士等の療法士と看護師の両方がいる、リハビリ特化型の訪問看護ステーションが増えています。 療法士と看護師の…

在宅医療のコミュニケーション

作業療法士同士のコミュニケーションのコツ!忙しくて同僚とすれ違っていませんか?

訪問リハビリに従事している作業療法士は、業務時間の多くを訪問先でのリハビリや移動時間に費やしています。 そのため、忙しい時期になると、勤務時間中に同じ職場で働く他の作業療法士と顔を合わせる時間がほとんど取れなくなってしま…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリの経験者なら必ず共感!訪問リハビリのヒヤリハット事例4選!

訪問リハビリでのヒヤリハット(失敗事例)、誰でも必ず一度や二度はあるはずです。 病院や施設のように安全に配慮された環境が整っていない利用者様のお宅で行うリハビリですので、予期せぬ出来事が起こるのは日常茶飯事です! 私が体…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリに最適な服装は?一番気をつけるべきポイントは靴下!|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリは、病院や施設での仕事に比べて、家庭に訪問してリハビリを行うというサービス業の域に近い仕事です。 ですから、身だしなみを整えることがとても大切です。自宅に上がってくる業者が不衛生な恰好や、ラフすぎる服装だと信…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリの作業療法士は夏場に怪我をしやすい?作業療法士の体調管理法|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリで働く作業療法士は体が資本!患者様へのリハビリと移動があるのでいつも走り回っています。 病院で空調が効いた快適な空間で働いていたころに比べたら、気温・湿度の差、天候に振り回され、お宅によっても環境が違うので体…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

作業療法士がスキルアップのためにするべき4つのこと|訪問リハビリの基礎知識

作業療法士としてスキルアップするためにはただ臨床に臨むだけでは不十分です。勉強会などに参加しつつ、日々の臨床の中でも自分のスキルを磨く工夫を常に取り入れることが重要です。 そこで今回は作業療法士がスキルアップするために必…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリで初回評価・治療時に注意する4つのポイント|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリで、利用者様に良い印象を与え、高い満足を感じていただくためには、初回訪問時の評価・治療でのセラピストの姿勢が重要です。 そこで今回は初回訪問の際にセラピストが意識するべき4つの姿勢についてご紹介していきます。…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

作業療法士が働ける4つの職場と、それぞれで求められること|訪問リハビリの基礎知識

作業療法士が働ける職場は多岐に渡りますが、基本的には利用者様が発病されてからご自宅に戻られた後の生活にかけて、全ての場面で関わることができます。 今回は利用者様の状況に合わせて作業療法士がどの職場で働けるのか、それぞれの…