TAG 在宅医療

訪問看護の基礎知識・基礎スキル

機能強化型訪問看護ステーションとは。算定要件と現在の課題|訪問看護の基礎知識

近年は年齢や疾患・障害の種別や重症度を問わず、在宅での看護を必要とする対象者が急増し、やがては100万人にも届くと言われるほどに…。そうした中、訪問看護ステーションも対象者の変化に合わせてその形を変化させてきました。 今…

在宅医療の特集・インタビュー

2025年までに15万人の訪問看護師を育てるために -公益財団法人 日本訪問看護財団 常務理事 佐藤美穂子-

1994年に創立された財団法人日本訪問看護振興財団(現公益財団法人日本訪問看護財団)では、訪問看護の普及・振興のために、訪問看護等在宅ケアサービスの充実と質の向上を目指して様々な事業を行っています。その内容は多岐に渡り、…

在宅医療の特集・インタビュー

地域の在宅看取り率を3割まで高めた「四日市モデル」の仕掛け人―医療法人SIRIUS いしが在宅ケアクリニック 理事長 石賀 丈士―

三重県北勢地域の中心都市、四日市市。三岐鉄道「山城」駅からのどかな田園風景の中を5分ほど歩くと「いしが在宅ケアクリニック」が見えてきます。便の良い場所とは決して言えない地域にあるクリニック。しかし全国から視察やメディア取…

在宅医療の特集・インタビュー

「日本一敷居の低い医師」を目指して取り組む在宅医療とは。 ―おぐまファミリークリニック 院長 小熊 哲也―

京阪神のベッドタウンとして発展する滋賀県草津市。2016年5月、新しいマンションが建ち並ぶJR南草津駅から徒歩3分の好立地に「おぐまファミリークリニック」は開業しました。院長の小熊先生は、滋賀県内で数少ない呼吸器内科の専…

在宅医療の特集・インタビュー

その在宅医療は、医療者の自己満足になっていないか? -板橋区役所前診療所 院長 島田 潔-

三田線板橋区役所前駅から歩いてすぐの場所にある板橋区役所前診療所は、1996年に訪問診療・訪問リハビリを目的に開業された在宅医療クリニックです。当時は、在宅医療という考えがまだまだ浸透していなかった時代。院長の島田先生が…

在宅医療の特集・インタビュー

末期がん患者と奥様の映画館デートを実現させた医師の想い -医療法人社団楓の風 在宅療養支援クリニック かえでの風 理事長 宮木 大-

東京都町田市木曽にある在宅療養支援クリニックかえでの風は、デイサービス、リハビリステーション、訪問看護、訪問介護を行っている楓の風グループの在宅療養支援診療所として2012年に開院しました。楓の風グループではNPO法人も…

在宅医療の特集・インタビュー

医療連携室との連携に専門スタッフを。ベストな地域連携を実現するポイントとは。 ‐医療法人社団颯心会 茜在宅クリニック 院長 小林夏木

東京都東村山市は、西武新宿線・西武拝島線・西部池袋線といった7つの西武鉄道とJR武蔵野線が走る、東京多摩地区北部の都市です。2015年に東村山市に新しくできた茜在宅クリニックは、最寄り駅の八坂駅からは中央線国分寺駅まで電…

在宅医療の特集・インタビュー

患者中心の在宅医療を実現するために必要な連携とは何か。 ―医療法人社団藍正会 おぎくぼ正クリニック 理事長 阿部正―

中央線荻窪駅近くにある、おぎくぼ正クリニックは、2005年に訪問診療を専門としたクリニックを開業されました。理事長の阿部先生は昭和大学卒業後、大学病院をはじめ東京船員保険病院(現東京高輪病院)、自治医科大学さいたま医療セ…

在宅医療の特集・インタビュー

組織と情報の整備が在宅医療の質につながる -医療法人おひさま会 おひさまクリニック西宮 院長 福田俊一-

長期間の病院勤務を経て独立開業を機に在宅医療を始めるドクターも多いなか、福田先生は後期研修医だった29歳の時に、在宅医療に力を注ぐ「おひさま会」へ転職しました。決め手の一つになったのが、医師として診療に集中できる環境、診…

在宅医療の特集・インタビュー

超高齢社会に求められる「総合的なかかりつけ医療機関」とは何か。 -医療法人社団三育会 院長 英 裕雄-

JR大久保駅から徒歩5分程度の場所にある医療法人社団三育会 新宿ヒロクリニックでは現在、訪問診療・外来診療・往診の3つの診療を行っており、内科・整形外科・皮膚科・がん緩和・総合診療・訪問リハビリなど幅広い診療によって地域…