TAG
地域医療
在宅医療の特集・インタビュー

同じ志の多職種の仲間と、一人ひとりの患者に向き合う -ナカイクリニック 院長 中井昭宏-

大阪府第二の都市である堺市。閑静な住宅街が広がる西区浜寺元町に2007年、内科・心療内科・放射線科を専門とする中井医師が「ナカイクリニック」を開業しました。我が家で最期を迎えたいと願う患者さんのために熱心に在宅医療に携わ…

support_8_relifemedical福岡市

再生医療と訪問診療。新たな医療ビジネスモデルをつくる挑戦。 -Relife Medical(リライフメディカル)株式会社 取締役 松尾 晃瑛-

生物の細胞や組織の再生機能を利用した治療法として、注目されている再生医療。今後、さらなる転換期を迎え、産業化が加速する可能性を秘めています。 福岡市中央区に拠点を構える「Relife Medical(リライフメディカル)…

在宅医療の特集・インタビュー

多職種の“協働”で医療者の得意分野が活きる地域医療に。 -医療法人社団和顔会 要町ホームケアクリニック 院長 吉澤明孝先生-

2006年に開院した要町ホームケアクリニックは、実は1994年から要町病院の在宅医療部として往診をスタート。すでに20年以上にわたり在宅診療を行っています。要町ホームケアクリニック院長であり要町病院副院長でもある吉澤明孝…

福岡市

孤独死ゼロを目指して!福岡発の高齢者見守りサービス 『まごころ電話』 −株式会社あんしんサポート 古賀功一・奈良利治−

高齢者や障害者をはじめ、周囲の配慮を要する人々に対する賃貸住宅の“貸し渋り”が問題視されている現状を改善するため、2017年2月「住宅セーフティネット法」の改正案が閣議決定し、年内に施行される見通しです。今後、高齢者向け…

在宅医療の特集・インタビュー

在宅医療へスムーズに移行するために。訪問看護師が求める多職種連携とは。 -まごころ訪問看護ステーション 訪問看護事業部所長・管理者 今井-

福岡の中心部から近く、自然豊かな文教地区である城南区。戦後、大規模な住宅団地の建設が進んだこともあって福岡市内の中でも人口密度が高く、今後高齢化が加速するであろうと予測されているエリアです。 そんな城南区に拠点を構える「…

在宅医療の特集・インタビュー

患者さんとご家族の本当の希望に寄り添う終末医療を実現するために -医療法人社団プラタナス 松原アーバンクリニック 院長 梅田耕明-

京王井の頭線明大前駅から徒歩10分、閑静な住宅街の中にあるのが2005年12月に開院した松原アーバンクリニックです。 在宅療養支援診療所でありながら18床のベッドを備え、ホスピスのようなターミナルケアをサポートできる体制…

在宅医療の特集・インタビュー

利用者の“自分でやりたい想い”を支える作業療法 -一般社団法人 日本作業療法士協会 会長 中村春基-

2016年に設立50周年を迎えた日本作業療法士協会。高齢化に伴い作業療法士の需要はますます高まっています。 病院でのリハビリテーションからスムーズな在宅医療への移行に向け人材確保が急務だと話す中村会長。 2012年から導…

在宅医療の特集・インタビュー

最終目標は“医師を辞めること”!? ホリスティック医療に取り組む医師の想い -ホリスティッククリニック横浜 院長 井上 宏一-

JR京浜東北線(根岸線)/横浜市営地下鉄関内駅から徒歩約10分、歴史を感じさせるレンガ造りの建物を眺めながら歩いていくと、ホリスティッククリニック横浜に到着します。可能な限り投薬をおさえ、対話を通して患者さんと向き合う治…

在宅医療の特集・インタビュー

在宅医療に向いている医師・向かない医師とは?-医療法人社団壮仁会 三鷹あゆみクリニック 院長 高橋壮芳先生-

東京23区に隣接しながらも自然豊かなエリアとして人気の三鷹市。 医療法人社団壮仁会三鷹あゆみクリニックは2011年にこの土地に開業しました。 現在は本院・分院合わせて460名ほどの在宅患者を担当されています。 院長の高橋…

在宅医療の特集・インタビュー

整形外科医が提供する在宅医療の価値。高齢者の“骨”の問題に向き合う―おおはらクリニック 院長 李 潤基―

須磨アルプスを臨む高台に位置する「おおはらクリニック」は、敬誠会須磨診療所の後継医療機関として2016年9月に開業。整形外科医としての経歴を持つ院長の李先生は、見知らぬ土地で人脈づくりから始め、現在では病診連携を強化して…

在宅医療の特集・インタビュー

在宅訪問管理栄養士の先駆者として、在宅療養の食を支える −特定非営利活動法人 ケアプランニングNEST 代表 爲房 恭子−

大阪・中央区に拠点を構える「ケアプランニングNEST」。理事長であり管理栄養士でもある爲房恭子さんを中心に、20年以上前から在宅栄養ケアを行ってきたNPO法人です。爲房理事長はセミナーや勉強会の講師としても活躍し、大学で…

在宅医療の特集・インタビュー

難病を抱えるある夫婦の絆に出会い、私は在宅医になった ―医療法人つじ・クリニック 理事長 辻 宏明―

京都と大阪の中間地点、駅前の再開発もすすみ、利便性のよさからベッドタウンとして住民が増え続けている高槻市。総合病院なども多く、医療体制が充実していることでも知られるエリアです。 1990年より10年以上、市内の大型急性期…

在宅医療の特集・インタビュー

患者さんの人生ドラマに向き合うのが在宅医療 ‐医療法人社団トータルライフ医療会 在宅医療部長 長屋直樹‐

医療法人社団トータルライフ医療会では現在、トータルライフクリニック本郷内科、東京トータルライフクリニック、トータルライフ訪問看護ステーション雷門の3つの施設を運営しています。今回取材を行った東京トータルライフクリニックは…

在宅医療の特集・インタビュー

在宅医療の「今しかない!」に多職種連携で応える ―医療法人社団秀皓会 ふなもとクリニック 院長 船本 全信―

兵庫県西宮市、JR神戸線甲子園口駅から徒歩数分の場所に、ふなもとクリニックは位置します。現在では訪問看護や居宅支援事業所、デイサービス、ヘルパーステーション、分院を開設し、地域の在宅医療のニーズに幅広く対応しています。船…

在宅医療の特集・インタビュー

患者中心の在宅医療を実現するために必要な連携とは何か。 ―医療法人社団藍正会 おぎくぼ正クリニック 理事長 阿部正―

中央線荻窪駅近くにある、おぎくぼ正クリニックは、2005年に訪問診療を専門としたクリニックを開業されました。理事長の阿部先生は昭和大学卒業後、大学病院をはじめ東京船員保険病院(現東京高輪病院)、自治医科大学さいたま医療セ…

在宅医療の特集・インタビュー

超高齢社会に求められる「総合的なかかりつけ医療機関」とは何か。 -医療法人社団三育会 院長 英 裕雄-

JR大久保駅から徒歩5分程度の場所にある医療法人社団三育会 新宿ヒロクリニックでは現在、訪問診療・外来診療・往診の3つの診療を行っており、内科・整形外科・皮膚科・がん緩和・総合診療・訪問リハビリなど幅広い診療によって地域…

在宅医療の特集・インタビュー

真の地域包括ケアは医療体制ではなく「街づくり」に秘訣あり −東成区医師会 会長 医療法人 中村クリニック 理事長 中村正廣−

2014年に在宅医療・介護総合確保法が成立。住み慣れた地域で医療・介護サービスを受けられる「地域包括ケアシステム」の基盤整備が、差し迫った国の課題として推し進められるようになりました。 中村先生は大阪・東成区に現在のクリ…