TAG
訪問看護
在宅医療の特集・インタビュー

在宅医療へスムーズに移行するために。訪問看護師が求める多職種連携とは。 -まごころ訪問看護ステーション 訪問看護事業部所長・管理者 今井-

福岡の中心部から近く、自然豊かな文教地区である城南区。戦後、大規模な住宅団地の建設が進んだこともあって福岡市内の中でも人口密度が高く、今後高齢化が加速するであろうと予測されているエリアです。 そんな城南区に拠点を構える「…

在宅医療の特集・インタビュー

難病を抱えるある夫婦の絆に出会い、私は在宅医になった ―医療法人つじ・クリニック 理事長 辻 宏明―

京都と大阪の中間地点、駅前の再開発もすすみ、利便性のよさからベッドタウンとして住民が増え続けている高槻市。総合病院なども多く、医療体制が充実していることでも知られるエリアです。 1990年より10年以上、市内の大型急性期…

在宅医療の特集・インタビュー

患者さんの人生ドラマに向き合うのが在宅医療 ‐医療法人社団トータルライフ医療会 在宅医療部長 長屋直樹‐

医療法人社団トータルライフ医療会では現在、トータルライフクリニック本郷内科、東京トータルライフクリニック、トータルライフ訪問看護ステーション雷門の3つの施設を運営しています。今回取材を行った東京トータルライフクリニックは…

在宅医療の特集・インタビュー

在宅医療の「今しかない!」に多職種連携で応える ―医療法人社団秀皓会 ふなもとクリニック 院長 船本 全信―

兵庫県西宮市、JR神戸線甲子園口駅から徒歩数分の場所に、ふなもとクリニックは位置します。現在では訪問看護や居宅支援事業所、デイサービス、ヘルパーステーション、分院を開設し、地域の在宅医療のニーズに幅広く対応しています。船…

在宅医療の特集・インタビュー

対話を何より大切に。そのために私が捨てたもの・こだわったもの。-医療法人三つ葉 三つ葉在宅クリニック 代表 舩木 良真-

中部地方屈指の文教地区である名古屋市昭和区。そのほぼ中央、市営地下鉄鶴舞線と桜通線が交差する御器所駅から徒歩1分という立地にあるのが「三つ葉在宅クリニック」。高品質の医療サービスを持続的に提供することを第一に、複数の医師…

在宅医療の特集・インタビュー

医師が汲み取れない患者の不安を解決するメディカルコーディネーターとは -医療法人敬生会 さんクリニック 院長 中村 敬-

名鉄瀬戸線「清水駅」から歩いてすぐの場所にある医療法人敬生会さんクリニック。昔からそこに住む人が多い地域なので、お年寄りの数も多い。最初は在宅医療専門のクリニックとして開設したが、外来を希望する地域の声が多く聞かれたため…

在宅医療の特集・インタビュー

住民参加型コミュニティで町田市の地域医療を支えてきた医師の半生とは。 -医療法人社団公朋会 西嶋医院 院長 西嶋公子-

JR成瀬駅から車で10分ほどの落ち着いた住宅街にある西嶋医院。明るいレンガ作りの建物の1階には診療所、地下1階に訪問診療部門、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、2階にデイケアが併設されています。この地で長年地域医…

在宅医療の特集・インタビュー

利用者の望みを汲み、寄り添う。医療は究極の「サービス業」 -福島吉野スマイル内科・循環器内科 院長 坂口 海雲-

大阪・福島区に平成28年10月に新しく開業した「福島吉野スマイル内科・循環器内科」。愛らしいシンボルマークが出迎えてくれるクリニックは外来診療も行っていて、「ここはカフェ?」と思うほど明るくてオープンな雰囲気が特徴です。…

在宅医療の特集・インタビュー

医療と介護の壁を取り払うために医師にできることは -医療法人社団明世会 成城内科 野村 明-

閑静な住宅街が広がる一角の一際目を引くオシャレな洋館風の建物、こちらが成城内科です。東京都世田谷区を中心とした地域で、訪問診療・訪問看護・訪問リハビリテーションのサービスを展開している野村明院長は、世田谷区医師会の中で、…

訪問看護の基礎知識・基礎スキル

機能強化型訪問看護ステーションとは。算定要件と現在の課題|訪問看護の基礎知識

近年は年齢や疾患・障害の種別や重症度を問わず、在宅での看護を必要とする対象者が急増し、やがては100万人にも届くと言われるほどに…。そうした中、訪問看護ステーションも対象者の変化に合わせてその形を変化させてきました。 今…

在宅医療の特集・インタビュー

2025年までに15万人の訪問看護師を育てるために -公益財団法人 日本訪問看護財団 常務理事 佐藤美穂子-

1994年に創立された財団法人日本訪問看護振興財団(現公益財団法人日本訪問看護財団)では、訪問看護の普及・振興のために、訪問看護等在宅ケアサービスの充実と質の向上を目指して様々な事業を行っています。その内容は多岐に渡り、…

在宅医療の特集・インタビュー

患者と家族の心を癒やす “浪花節(なにわぶし)” ドクター −医療法人 旭医道会 中村クリニック 院長 中村俊紀−

大阪・住之江区の下町風情が残る住宅街に、中村クリニックはあります。院長の中村先生は、1999年の開業当初から外来診療と訪問診療の両方に力を注いでこられました。現在は、志を共にする医師仲間と協働してネットワーク診療を行い、…

在宅医療

尿潜血とは?「血尿」に驚くご利用者さんやご家族にアドバイスをする時、気をつける3つのポイント|在宅医療の基礎知識

健診で尿検査を行った際に、尿定性反応で潜血(+)という結果が返ってくることがあります。利用者さんから、「かかりつけの内科の健診で血尿だと言われた」と聞いたとき、看護師・介護士としてどのようなことを考えるべきでしょうか。 …